何故与信管理が必要になってくるのか

業者間で商品のやり取りをする場合、その都度現金での支払いを行うのは非効率的です。
手間もかかりますし、面倒ということになってしまいます。
また現金を持ち歩くということは様々なリスクが考えられます。
紛失をしてしまう可能性もあるので、それらのトラブルを避けるためには後日まとめて代金を振り込みで処理するという方法を取っている企業は多いです。
しかし後日の支払いとなるので、その代金を踏み倒されてしまう可能性もあるでしょう。
請求書を出しても振込が行われないということになると大変です。
双方の手間を省くために行う後払いですが、ここにはお互いに信用をする与信が成立しなければいけません。
信用をしていても様々な事態が考えられるので、与信管理は行っておくべきです。
取引先の財政や経営状況などをチェックすることが与信管理にあたります。
安心をして取引を続けるためにはお互いに信用をしなければいけませんが、それでも不安要素があった場合にはすぐに対処できるようにしておくとよいでしょう。