与信管理を行うことの重要性を知る

金融機関では資金を貸し出した時に、本当に貸し出しても大丈夫なのかどうか審査を行います。
しかし審査を行って大丈夫だと判断をした場合でも不測の事態が生じてしまい、結果的に回収が困難になってしまうことがあります。
金融機関だけではなく、企業間でも商品のやり取りを行うことがあります。
代金は後日支払いをするということが多いですが、これは与信によって成立をしていることです。
与信はお互いに信じるという意味合いがあります。
しかし与信をしていても、支払が遅れてしまったり、倒産してしまい、結果的に代金の支払いが行われなくなることもあります。
代金が支払われないと共倒れになってしまいます。
共倒れを防ぐために与信管理が必要になります。
与信管理には相手先に情報を収集して、分析を行うことが必要になります。
もしも動向に不安な点があれば別途調査を行って対応をするということが必要になります。
信じることだけがよいわけではありませんし、共倒れを防止するためには対策も必要です。

書家としてテレビなどでも活躍!川尾明子とは
大河ドラマのOP映像などあらゆる媒体で活躍する話題の書家

主婦向け副業のオススメは?
在宅で手軽に行える話題の副業をピックアップして紹介

エアコン取り付け価格に自信あり
格安の取り付け業者です

UL認証を取得した信頼性の高いFAケーブル
可動部、移動、固定用の3タイプをご用意

相続税について分からないことがあるならば、税理士に相談されることをおすすめいたします
相続税をできる限り抑えるためにも、経験豊富な税理士が多数在籍しているきちんと相続にご相談ください。

最新記事